ヒゲ脱毛を受けるならある程度の痛みは覚悟しよう!


クリニックやメンズエステサロンでヒゲ脱毛を考えている人は、脱毛する時どのくらい痛いのかも気になるでしょう。


残念ながら特に顔は皮膚が薄く敏感なので、体の中でも痛みを感じやすいという部位なのです。


しかし、施術方法や施術後の肌ケアを行っているかいないかによっても感じ方には差が出てくるので、特徴を理解しておきましょう。

医療レーザー脱毛の場合

医療レーザー脱毛の場合、レーザーを照射することでヒゲの毛根部分にレーザーのパワーが集中して脱毛効果が得られます。


レーザーの出力レベルはフラッシュ脱毛に比べると高いため、その分痛みが強くなると言う傾向にあります。


しかし、医療レーザー脱毛方法の場合は医療機関で受けることになりますので、麻酔などを使用して痛みを緩和できるクリニックもあります。


麻酔の種類は、肌表面に塗るクリーム状のものと、笑気麻酔という吸引する麻酔です。

 

これは歯医者さんなどで利用されているので使ったことがある人もいるでしょう。

 

脱毛は、肌の表面より肌の下の痛みなので、あまり麻酔クリームは効かないのでお勧めしません。

 

使うのならば笑気麻酔の方が効果が期待できるでしょう。

 

ただし、痛みそのものがなくなるわけではなく、少し酔った状態のように感覚になり、痛みが遠くに感じられるというようなものです。

 

無痛になるわけではないですが、無いよりは全然ましです。

 

マシン自体で痛みが少ない蓄熱式脱毛機というのがあります。

 

これは毛根まで届か生脱毛しなくてもその手前にあるパルジという毛を生やす命名となる因子を出す部分を破壊する方法です。

 

ここをメインとして脱毛する場合は、レーザーの出力を抑えることができるるので、激しい痛みは抑えられます。

 

ただしとても熱いという間隔は強いので、これも無痛ではありません。

 

また従来のレーザー脱毛機よりも脱毛効果は落ちるように感じます。

 

さらに同じ蓄熱式でも、メディオスターNextProは評判がいいですが、別のメーカーのそれ以前からあるものはあまりよい評判は聞きません。

フラッシュ脱毛の場合

フラッシュ脱毛の場合は特殊な光を照射することで、光のパワーがヒゲに集中し、ヒゲの再生機能を抑制することになります。


パワーが低い光を照射するだけですから、無理な力を加えることもありませんので、痛みが最も軽いという特徴があります。


しかし、全く何も感じないかと言うとそうではなく、光を照射した時に多少ピリッとした熱さを感じることがありますので、その点は覚えて置いてください。

 

また光脱毛でも出力を上げればそれなりに痛いです。

 

脱毛効果の弱いマシンしかない、小さな個人エステなどでは、脱毛結果を良くするためにやたら出力を上げてヒゲ脱毛する場合がありますので、ちょっとこれは怖く感じます。

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛の場合は、毛穴の中に先端が丸くなった細い針(プローブ)を挿して電流を流すことにより、毛根の再生機能を破壊してヒゲの再生を防止します。


メンズエステサロンの場合は麻酔などが使えないので、針を挿す時と電流を流す時は強い痛みがあります。


ある程度の我慢をする必要がありますので、最初に覚悟しておいた方が良いでしょう。


それなら医療レーザー脱毛かフラッシュ脱毛の方が良いと思うかもしれませんが、ニードル脱毛を選ぶ人も多いのです。


なぜなら、ニードル脱毛は最もヒゲに対する脱毛効果が高いという特徴があるからです。


ヒゲの場合は再生能力が高く、医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では効果が実感しづらい場合があるのです。


たとえ痛みが軽くても効果が実感しづらいと、途中で挫折してしまう事もあるのです。


多少我慢が必要でも先々のことを考えて、ニードル脱毛の方を選択する人も多いのです。

施術後の保湿ケアは大事

施術後に痛みが気になるのであれば、肌の保湿ケアをしっかりしてみて下さい。


肌が乾燥していると痛みを感じやすくなりますので、クリニックやメンズエステサロンでは施術の前後は念入りに肌の保湿ケアを行う事が多いのです。


それだけではなく、日頃から自分でも保湿ケアをしっかりしていれば、肌の水分量が保たれて乾燥を防ぐことができます。


顔は特に人に見られる部分ですから、男性も乳液や化粧水などでしっかり肌ケアして、せっかくヒゲ脱毛をしているのですから美肌を目指すのも良いことですね。


クリニックやメンズエステサロンに通っている間は、特に念入りに保湿ケアを行ってヒゲ脱毛の痛みをできるだけ軽減するようにしましょう。