メンズ脱毛は部位と目的で脱毛方法を選ぶべき

女性の脱毛では最近全身脱毛でも、医療レーザー脱毛が徐々に人気を獲得していっている状況です。

 

これは、レーザー脱毛がどんどん安くなってきているので、手の届きやすい価格になってきていること、

 

もう一つは、完全にツルツルにしたい女性にとって、サロンの光脱毛では、また生えてきてしまうという点で、不満があることです。

 

レーザー脱毛は、永久脱毛に近い脱毛効果が出るので、ずっとやり続けなければならない光脱毛よりもコスパ的にも良いのではないかという考えが広まってきているためです。

 

ただし、これは男性の脱毛に関してはそのまま当てはめるわけにはいきません

 

ヒゲ脱毛に関しては、髭がとてもつよい 毛根で、光脱毛ではまたすぐ生えてきてしまう事、なかなか脱毛効果を実感できないことなどがあるので、

 

やはのレーザー脱毛の方がお勧めです。

 

しかし男性の体の脱毛の場合は、毛深いところを減耗したいという男性が多いので、その場合は光脱毛の方が目的に合っているのではないかと思います。

 

男性が体の脱毛をレーザーでやると、ツルツルになって、逆に女性受けが悪い場合もあります。

 

あまりツルツルの肌の男性は気持ち悪いという女性もいます。

 

濃いのは嫌だけれど、男性なのにすね毛が全くなくて ツルツルなのはちょっと・・・という反応です。

 

あとで後悔しても、脱毛してしまった毛は、レーザー脱毛では永久脱毛になってしまい、何年も生えて来なくなる可能性があります。

 

だから、脱毛したら毛生えて来なくても後悔しない部位であれば、レーザー脱毛で、減耗するだけの効果で良いのであれば、光脱毛がいいということです。

 

ヒゲ脱毛の場合は医療脱毛がお勧め

ヒゲ脱毛したい人は、多分ツルツルにしたいという人が多いでしょう。

 

ある部位だけなくしたいという人も、レーザー脱毛がお勧めです。

 

光脱毛だと、ツルツルにするまでに時間がかかってしまいますし、それを維持するためにはその後も定期的に照射しないといないからです。

 

光脱毛より照射範囲が狭い照射口が使えるので、たいていのレーザー脱毛機では、光脱毛機よりも、細かい範囲に限定して脱毛できます。

 

もちろん、かなり細密にデザイン脱毛したい場合は、1本1本選んで脱毛できる美容電気脱毛(ニードル脱毛でないと困難です。

 

メンズ脱毛方法のまとめ

もう生えて来ないで欲しい部位の脱毛であれば、医療レーザー脱毛。

 

減耗だけでツルツルにしたくない部位は、光脱毛。

 

しつこくてなかなか脱毛できない髭は、レーザー脱毛、もしくは、ニードル脱毛(美容電気脱毛)

 

ヒゲ脱毛で後悔や失敗と思う例

光脱毛で何十回やっても、髭がツルツルになるまで脱毛できない

 

光脱毛でも照射の出力を高めると、一端は完全に脱毛することもできなくはありません。

 

ただし、医師両機関のように、火傷をしてしまった場合のケアができないので、普通はそんなに出力を強くできません。。

 

もし一回の光脱毛ではっきりと脱毛して効果が分かるような場合は、逆に肌トラブルのことを考えていない危険なサロンかもしれません。

ニードル脱毛を始めたが、痛くて耐えられなくなって、通わなくなった

 

とにかくニードル脱毛(美容電気脱毛)はとても痛いので、体験して痛みに耐えられるかどうか確認したから始めましょう。

 

医療機関でない場合麻酔で軽減という方法もとれません。

 

費用も高いですから、途中で断念となると痛い出費にもなってしまいます。