ヒゲ脱毛で日光に過敏な肌になるの?


結論から言うと、ヒゲ脱毛をしたからといって日光に過敏な肌になるわけではありません。


ただし、脱毛の施術で肌がダメージを受けていると粉、強い日光を浴びれば、それは肌が過敏に反応してしまうので、それは注意を払う人用があります。

 

逆に、脱毛中は、ケアのために気を使うことになり、日焼け止めなどを塗る習慣が付くので、肌を日光から守りやすくなっている状態であると言えます。


その為、外に出て日光に当たる場合が多い人にも、ヒゲ脱毛はお勧めともいえます。


ここでは、ヒゲ脱毛をしても日光に過敏な肌になるわけではなく、むしろ日光に当たる人にはヒゲ脱毛がお勧めな理由について説明します。

事実ヒゲがなければ日光が肌に当たりやすい

事実ヒゲがなくなれば、肌がむき出しになるので日光が肌に当たりやすくなります。


ただ、極端に長く密集しているヒゲが生えている以外には、ヒゲがあったからと言って短い毛が生えているだけですので、日光を大して遮っているわけではありません。


確かに施術後すぐの肌は刺激を受けて弱くなっているので、紫外線などの刺激は避けなければいけないので、日焼け止めクリームを塗ったほうがいいという話から日光に過敏な肌になると言う誤解が生じたのでしょう。


ですから、普段からヒゲを剃っている人でも、ヒゲ脱毛をすることで肌が日光に過敏になると考えるのは間違いなのです。

ムラなく日焼け止めが塗れる

現在では昔と比べて紫外線が強くなり、男性でも外出する時には日焼け止めを塗り紫外線対策をする人が増えてきました。


ですが、ヒゲが生えている部分の肌は短く生えている毛が邪魔して、肌に日焼け止めクリームが塗りにくくなります。


その為、ヒゲを念入りに塗ったつもりでも塗りムラが出来るのです。


ヒゲが無い分日焼け止めをきちんとムラなく塗れるので、ヒゲ脱毛をしたほうが日光対策ができていると言うるメリットがあります。


ヒゲ脱毛をすれば短く毛が生えていることもなくなるので、日焼け止めの塗りムラが減って日差しをより避ける事ができるのです。

ヒゲ剃りをしないと肌は強くなる!

ヒゲを毎日剃らなくてもよくなるので、肌がヒゲ剃りの刺激から解放され、健康な状態になることが出来ます。


ヒゲを毎日剃っている人は、肌を毎日傷つけていて傷ついた肌に日光を浴びるわけですから、肌も紫外線の刺激を浴びる事になります。


ヒゲ脱毛をしていれば、毎日のヒゲ剃りがなくなり、肌を傷つけると言う悪習慣がなくなりますよね。


肌へのストレスが減れば、どんどん肌も元気になり、肌本来が持っているバリア機能がしっかりと働いて、強い日差しにも強くなれます。


日光による肌ダメージを心配している人にこそ、ヒゲ脱毛がお勧めなのです。


日光に当たることの多い仕事の人、日焼けしたくない人などは、メリットがあるのでヒゲ脱毛をした方がお勧めです。