こんな人にはヒゲ脱毛がデメリットに!

どんな人がヒゲ脱毛することで、脱毛中や脱毛後などにデメリットがあるのでしょうか?

 

以下の項目に当てはまる人は、改善策を参考にして頂ければ、ヒゲ脱毛をすることで逆にメリットへと変わります。

 

その特徴をいくつか挙げてみました。

仕事が忙しい人

仕事が忙しい人にとってヒゲ脱毛期間中は、ヒゲ脱毛をするためにクリニックやメンズサロンへ通わなければならないことが大きな負担になってしまう場合があります。

 

仕事が忙しくて残業や休日出勤などがあったり、なかなか休みが取れなかったりすれば、せっかく予約した施術日に行けなくなったりと脱毛どころではありませんよね。

 

仕事が忙しい人にとっては、定期的にクリニックやメンズサロンに通うことが苦痛になり、ヒゲ脱毛がデメリットと感じることもあるでしょう。

 

しかし、これはクリニックやメンズサロンの選び方を間違ってしまった結果だと言えます。

 

クリニックやメンズサロンが仕事場に近くにあれば、昼休みや休憩時間、出勤前や退社後などの時間を利用して通うことができます。

 

仕事場の近くや出勤の途中、夜遅い時間までやっているクリニックやメンズサロンを選べばデメリットにはなりませんね。

 

またキャンセル料金があるところは避けたいところです。

 

予約キャンセルが何度もあったら、あっという間に1万円近くの損をすることになりますからね。

 

レジャー好きな人

レジャー好きな人にとっては、脱毛期間中は外出する度に紫外線ケアをするのが苦痛になり、デメリットと感じる場合があります。


しかし、これも工夫次第でデメリットにはなりません。


ヒゲ脱毛期間中は、どうしても肌のアフターケアが不可欠になるので、肌の保湿や冬場でも紫外線対策が必要となってきます。


脱毛期間中でなくても、レジャー好きな人の場合レジャー後の日焼けで肌が赤くなったり、痛くなることがありますね。


最近では液状タイプの日焼け止めのものには、化粧水や保湿クリームの効果も含まれるものもあり、それ1つでいくつもの効果があるものも販売されています。


このような簡単に使える便利なアイテムで、レジャー前の紫外線ケアや保湿ケアを行えば苦痛にはなりません。


レジャー好きな人は特に外出する機会も多いので、このような便利な肌ケアアイテムを利用して脱毛期間を乗り切りましょう。

痛みに弱い人

ヒゲ脱毛には、医療レーザー脱毛・フラッシュ(光)脱毛・ニードル脱毛と、現在では主にこの3種類の方法で脱毛します。


これは脱毛方法によるデメリットと言えますが、どの方法を選んだとしても少なからず施術時には痛みを伴います。


特に痛みに弱く、痛いのは苦手で嫌だと言う人にはデメリットになるでしょう。


医療レーザー脱毛を受ける際には、最初はレーザーの出力が低い方から始め、次第に出力を上げていきます。


その場合途中で、痛みに耐えられなくなる場合があるので、施術前に麻酔をして施術すれば痛みにも耐える事ができます。


どうしてもダメな場合は、痛みがより少ないフラッシュ(光)脱毛をしている所へ変えてみるといいでしょう。

お金があまりない人

お金があまりない人にとっては、ヒゲ脱毛の為にお金がかかることで不安になるデメリットがあるでしょう。


しかし、これもクリニックやメンズサロンの選び方を間違えなければデメリットにはなりません。


最近ではメンズのヒゲ脱毛を月額払いで行うところもあるので、お金がなくても少ない金額でヒゲ脱毛をすることが出来るのです。


ヒゲ脱毛も随分安くなってきていて、普通に仕事をしている人であれば問題なく払える金額です。


お金がなくても、月々負担になりにくい金額設定のサロンを選べば、一月に自由に使えるお金が少なくてもヒゲ脱毛を完了させられるでしょう。

 

学生でバイトの収入で髭脱毛したいという人は、月々の定額支払いが少ない、リンクスの髭脱毛がいいと思います。

 

リンクスには、学割脱毛があるので、とても安くできます。

 

卒業まじかでも、卒業前であれば、契約でき、契約回数は卒業後も保証されます。

 

以上の特徴に当てはまる人は、それをデメリットに感じたままにするか、デメリットを改善しヒゲ脱毛を成功させるかは自分次第です。


ヒゲ脱毛期間中に面倒なデメリットと感じることもありますが、それを乗り切り完了してしまえば、ヒゲに悩まされることはなくなりますね。

 

歳を取ってから貫禄が欲しいと思った時に

歳を取ってきたり、役職など地位が上がってきたりしたとき、すくこれからも貫禄が欲しいと思う事があるかもしれません。

 

しかし、髭を永久脱毛していると、髭で丘に貫禄を出そうと思っても、もはや生やすことはできません。

 

そんな心配がある場合は、レーザー脱毛やニードル脱毛ではなく、光脱毛でやっておけば、また生やせる可能性もあるでしょう。

 

肌がとても弱い人

光過敏症など、肌がとても弱くアレルギーを発症する場合があります。

 

テスト照射である程度防げますが、光線アレルギーなどは、すぐに症状が出ないことがあります。

 

24時間以上たったから、かゆみが出てきたとおもったら、アトピーのように湿疹が出てきて、かゆくてたまらなくなったりすることがあるのです。

 

実は、僕はそういうタイプで、普段日光を浴びていない肌に強い日差しを浴びてしまうとそういう症状がでます。

 

幸い、ヒゲた脱毛ではそのようなことは起きませんでしたが、アレルギーもちである人は医師に相談してから施術を受けた方がいいでしょう。

 

顔だけに症状が出てしまったら大変ですからね。